本文へスキップ

工事の内容CONTENTS

工事の目的


工事の期間


作業の時間


砂防堰堤とは

  • 砂防堰堤(さぼうえんてい)は、川の上流(山間部)につくられ、山の土砂が水とまじって流れ出す土石流を防ぎ、下流に住む人々の生活を守るための構造物です。
    砂防ダムともいいますが、水を溜めるダムとは違い、川の土や砂を溜めるので、土砂災害に特化したつくりになっています。
    砂防とは、地すべりや土石流によって起こる災害を防ぐことをいいます。
  • 土石流(どせきりゅう)とは、大雨や地震などで崩れた山肌の土砂が川の流れを塞ぎ、水とまじりあった土や石、砂などが、一気に流れ出すものです。
    土石流はスピードが速く破壊力があります。

砂防堰堤の効果

  1. 土砂を溜める
    土石流を止めたり、土や砂を溜めたりします。
  2. 土砂を調整する
    溜まった土や砂を少しずつ川へ流します。
  3. 川底が削られるのを防ぐ
    川の流れが速いと川底が削れるので流れをゆるやかにします。
  4. 川岸が崩れるのを防ぐ
    溜まった土砂で川岸が削られ崩壊するのを防ぎます。


工事の概要

工事名
石黒川第3号砂防堰堤工事
河川
信濃川水系右支中津川左支石黒川
施工場所
中魚沼郡津南町大字芦ケ崎地先
工期
2019年5月10日〜2019年12月10日(予定)
発注者
国土交通省 北陸地方整備局 湯沢砂防事務所 中津川出張所
施工者
上村建設工業株式会社
  新潟県中魚沼郡津南町大字下船渡戊305-18
  TEL 025-765-3153
  FAX 025-765-3128
現場代理人
板場 彰
監理技術者
保坂 大輔
工事内容
砂防堰堤
 砂防土工 掘削工      1.0式
 鋼製堰堤工 鋼製堰堤本体工 1.0式
 仮設工 工事用道路工    1.0式

施工の位置